社員紹介

高い技術力を支える自由闊達なコミュニケーション

テクノロジー事業本部 技術統括部 技術第1部
K.S. 2019年入社

アプリケーション開発担当ソフトウェアエンジニア

当社のレンダリングエンジン「Mizuchi」を用いたアプリケーションや、他社から業務委託されたアプリケーションを開発しています。学生時代からプログラマーやプランナーとして多角的にゲーム制作に打ち込む中で次第に技術の部分に特に興味を持ち、ゲーム制作に必要なライブラリやシェーダーというレンダリング周りについて研究し、プログラマーの道に進むことにしました。
シリコンスタジオのことを知ったのは、学内の就活イベントです。Mizuchiの第一印象で技術レベルの高さに感銘を受けたのはもちろん、さまざまなゲーム会社にエンジンを提供し、さらにゲーム以外の業界の役にも立っていることも魅力的でした。

自由な雰囲気の中で交わされる活発な意見

入社前は、先輩からの指示通りに作業するイメージを持っていましたが、実際はもっと自由です。最初は先輩のサポートから始め、例えば、自社技術を使ったアプリケーションの光の広がり方がおかしい部分を正しく修正する指示を受けたら、プログラムの組み方や仕事の段取りは自分で自由に決められます。作業後に問題があれば、先輩たちが優しく教えてくれるので、安心して業務と向き合えます。開発に関する話し合いでも、活発に意見が交わされ、常に自由な雰囲気があります。

チームの垣根を超えた、エンジニア同士のコミュニケーション

開発チームは案件の規模にもよりますが、例えば現在進行中の案件ではプロジェクトマネージャー1人、エンジニア2人、デザイナー1人、UIやUXのデザイナー1人の合計5人です。基本的にずっとチームで開発を行い、チームの進捗報告会やクライアントとの会議は週1〜2回ほどですが、エンジニア同士での相談は頻繁にあり、自分の業務に行き詰まったときはチーム外の先輩にもアポなしで質問できます。
私の部署のメンバーは本当にプログラミングが大好きで、会議でもよく「こういう技術があるんだよ」と話が脱線するほど。積極的に提案や意見を出しやすい環境です。

※本記事はLabBase取材記事を元に当社が加筆・編集したものです

採用に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

シリコンスタジオ株式会社
経営管理本部 人事総務部

平日 10:00~18:00

TEL 03-5488-7070(代表)

メールからのお問い合わせ
careers@siliconstudio.co.jp