purpose
Mizuchiは、ゲーム、映像、ビジュアライゼーションなどさまざまな分野に利用できます。
ハイエンド3Dゲーム開発

既存のゲームエンジン、ワークフローにMizuchiを組み込むことで、PBRレンダリングを取り入れたフォトリアリスティックなハイエンド3Dゲームの開発が可能になります。Mizuchiに最適化された当社のゲームエンジンOROCHI 4のご利用がおすすめですが、インハウスのゲームエンジンに組み込むことも可能です。

3Dキャラクターを用いたインタラクティブコンテンツ開発

Mizuchiは"不気味の谷"を超えるキャラクター表現力を提供します。髪、肌、眼、歯、衣服など人を構成するさまざまな素材を極めてリアルに表現し、かつリアルタイムに動作するキャラクターを作りだすことが可能です。布やアクセサリーに使われる金属、ガラスなどの材質も高品質に表現できます。

リアルタイムVRコンテンツの開発

Mizuchiに付属するオーサリングツールを使用することで、さまざまなヘッドマウントディスプレイに対応するリアルタイムVRコンテンツを制作することが可能となります。Mizuchiの高速なリアルタイムレンダリング性能により、高いインタラクティブ性を持ったVRコンテンツを実現できます。

自動車ビジュアライゼーション

VREDなどのデジタルプロトタイプツールで作成したデータをMizuchiに取り込むことで、広告宣伝用のCG素材やエンタメ要素のあるアプリケーション開発など、さまざまなコンテンツ制作に自動車のモデルデータを展開することができます。レンダリングがリアルタイムのため、デザインの調整も非常に快適です。自動車の塗装に特有のクリアコートやメタルフレークも実装できます。

建築ビジュアライゼーション

多様な質感を表現できるMizuchiを使うことで、建築物に用いられるさまざまな素材を忠実に再現したインタラクティブなCGコンテンツを制作できます。例えば、壁紙や床材などをリアルタイムに変更できるバーチャルモデルルームなどの開発にも利用可能です。

採用事例 - 住友林業株式会社
施主向けプレゼンテーションシステムのレンダリングエンジンを、よりリアルな立体画像による提案を実現させるため、従来のものから『Mizuchi』に変更されました。
素材の材質のPBR化によってフォトリアルな質感の表現が大幅に向上しています。また、全天球画像を光源とするIBLとライトプローブによるGIにより間接光の表現が可能となったため、深みのある陰影や映り込みの描画が実現できるようになりました。さらにSSAO、RLR、グレアなどのポストエフェクトの機能により、リアルな住宅の空気感を表現する手法の幅が広がりました。

> 詳しくはこちらをご参照ください

リアルタイムレンダリングによる映像制作

Mizuchiは、リアルタイムレンダリングの高い作業効率とプリレンダリングの高い映像品質を併せもつため、ゲームのようなインタラクティブコンテンツだけでなく、映像制作にも利用することができます。例えば、膨大な時間を要していたCG映像制作でのプレビューをMizuchiに置き換えれば作業効率が劇的に向上し、ルックの調整に多くの時間を割り当てられるようになります。

Rendering Engine Mizuchi Tech Demo – "Museum"

お問い合わせContact

■ メールフォームでのお問い合わせ

■ お電話でのお問い合わせ

シリコンスタジオ株式会社 テクノロジー事業部
平日 9:30~17:30
TEL 03-5488-7481(営業直通)

page top