VR制作でのライティングの重要性

2017年01月18日

※一部の動画およびリンクコンテンツが閲覧できない可能性がございます。詳細はページ下部をご覧ください。

3Dグラフィックスの登場以来、また、テキストベースのアドベンチャーゲームの時代までさかのぼっても、没入型のエンターテインメントはゲーム開発の最前線となっています。
では、どうしたらもっと注目を集め、関心を持ち続けてもらえるような没入型のエンターテインメントを作り出せるのでしょうか?

この点については、2016年に本物のバーチャルリアリティの出現により大きく前進しました。
これまでにもVRヘッドセットの試作は何度も頓挫されましたが、フレームレートのパフォーマンス向上と忠実なCG再現力というテクノロジーの進化により、ユーザーが吐き気を起こさない快適なVRヘッドセットが開発され、やっと市場に定着しました。

しかし、これはVRの進化の終わりではありません。それどころか、今まさにはじまったばかりなのです。
パフォーマンスを最大化させるために、ユーザーが見るものだけをレンダリングすることによって問題を乗り越えてきたゲーム開発の歴史から、バーチャルリアリティのハードウェア需要が高まる中で、まったく新しい課題が生まれました。
バーチャルリアリティの世界では、ユーザーがシーン全体を探索し、すべてのテーブルの下を見ることができる以上、もはや開発者に隠れられる場所はありません。

ライティングは長い間、没入感の要となってきました。効果的なライティングがシーンやゲームにユーザーを引き込むことができる一方、不十分なライティングは、たいていの場合真っ先にシーン全体を崩壊させる原因となります。
この難しい開発のコンテキストの中で、VRインテリジェンスは、VR開発の最先端で活躍している3つの輝く光を探し出しました。
Oculus Story Studio、ARM Enlighten、ゲームスタジオのnDreamを代表する3人の業界の牽引者が、この無料のホワイトペーパーでVRにおける効果的なライティングについての重要な洞察を提供します。

こちらからホワイトペーパーの全文をダウンロードできます。

by Geomerics, an ARM company

※ この記事は英語から翻訳されました。

※Geomerics社および関連ウェブサイトの閉鎖により、2017年5月以前の投稿の動画およびリンクコンテンツが閲覧できない可能性がございます。内容についてご質問などございましたら、お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。

評価版ダウンロード・ご購入・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

シリコンスタジオ株式会社

go to top Enlighten

評価版ダウンロード・ご購入・お問い合わせ 評価版ダウンロード・ご購入・お問い合わせ