画像認識における機械学習向け教師画像用CG

機械学習による外観検査、設備監視・認証、自律走行・運転支援、人物認識などの用途に教師画像としてご利用いただける3DCG画像データの量産を、リアルタイムグラフィックスで実現します。

機械学習やディープラーニング(深層学習)など、教師あり学習に必要な画像データについて、こんな課題ありませんか?すべてCGで解決できるかもしれません。
• NGパターンがでる環境やシチュエーションが特殊なため、再現することが難しい
• 対象が特殊な仕様(形状、質感など)のため、既存のツールでは満足いく結果がでない
• 大量のデータを用意するために、想定以上に膨大な時間がかかってしまっている

NEXT

少量の実写画像サンプルで数万枚の学習用CG画像データを量産

製造業における外観検査や設備監視・認証、ロボットアームによる部品選別・仕分け、自立走行・運転支援、人物認識など、さまざまな用途での機械学習における教師画像として活用可能な3DCG画像を量産。リアルタイムグラフィックスにより、低コストで多彩なバリエーション表現を実現します。
基本的にどんな製品、素材、形状、大きさの対象でも、教師データとして取り込まれる画像サイズに合わせて制作します。納品フォーマットも、BMP非圧縮などご利用のシステムの仕様に合わせた形式で納品いたしますのでご相談ください。
【用途例】外観検査、設備監視・認証、ロボットアームによる物体認識、自律走行・運転支援、人物認識など

高品位かつ高速生成
PBR(Physically Based Rendering、物理ベースレンダリング)※を用いて高品位な教師データを高速生成
※光の反射や拡散を物理的な計算をもとにレンダリングし、より現実に近い表現が可能になる手法

ラベリング作業の自動化
CG生成であるためラベリング作業はすべて自動化

多種多様なバリエーション表現
プロシージャル生成によって多彩なバリエーションの表現が可能
※何らかの規則性をもった物体や現象の表現に適している、数式や処理を組み合わせた方法

NEXT

納品までの流れ

1.ご利用中の機械学習エンジンが使用しているNG画像サンプルまたは実物サンプルをご提供いただきます
2.サンプルを元にプロトタイプを制作いたします(POC)
3.プロトタイプを検証していただき、OKであれば量産に入ります
4.傷の場合、サンプルをいただいてから納品まで1〜2ヶ月です

※ツール提供も可能です。

NEXT

採用事例 - 駐車スペース検知用3DCGシミュレータ
アイシン精機株式会社

自動運転開発では実車撮影に制約があり、シミュレーション技術によるデータ増強が強く求められます。
当社は、CEDEC2020の公募セッションにおいて、アイシン精機と共同で「Unreal Engine を用いた、駐車スペース検知のための学習データ生成 〜次世代自動駐車システム実現に向けて〜」と題し、当社が開発協力したリアルタイム3DCGによるシミュレータをご紹介しました。
白線やトラロープなど、さまざまな現実世界に存在する区画線表現に加え、時間帯・天候効果のカスタマイズも可能とし、実写と同様のリアリティを実現しています。

詳しくはMONOist掲載の「アイシン精機の自動駐車技術を支えるCG技術とは?」をご参照ください。

MONOist(アイティメディア)

アイシン精機の自動駐車技術を支えるCG技術とは?

アイシン精機とシリコンスタジオがCEDEC2020に登壇。次世代自動運転システムの開発において必要になった「駐車場のシミュレーター」をどのように開発したのか、両社のメンバーが語った。

次世代自動駐車システム実現に向けて
次世代自動駐車システム実現に向けて
次世代自動駐車システム実現に向けて
次世代自動駐車システム実現に向けて
NEXT

機械学習向け教師画像用CGの
お問い合わせについて

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせ

TEL 03-5488-7481(営業直通)

平日 9:30~17:30

モノづくりのコスト削減とスピードアップを実現
CGを最⼤限活⽤する⽅法