Unreal Engine 4 アノテーション出力

機械学習に必要なアノテーション(ラベリング)画像を生成するためのUnreal Engine 4用の技術です。ロボット、監視カメラ、自動車などの研究開発部門でご活用いただけます。

機械学習、とくにセマンティックセグメンテーションによって画像認識する場合には、画像の各ピクセルがどういった物体を示すのか、あらかじめ「アノテーション(ラベリング)」情報を付与することが不可欠です。
従来のアノテーション画像は、実写素材に対して人手による塗り分けで作成されており、省力化のため3DCGの活用が期待されていました。
本技術を導入することにより、Unreal Engine 4で作成した任意のシーン上で、セマンティックセグメンテーションに必要なアノテーション画像を、効率よく生成できるようになります。

Unreal Engine 4 アノテーション出力

Unreal Engine 4 アノテーション出力の主な特長

24bit相当のアノテーション画像の生成機能
UE4の標準機能では8bit相当(256階調)のアノテーション画像しか生成できないため、複雑化する機械学習への対応が求められています(2021年4月現在/当社調べ)

Unreal Engine 4 アノテーション出力
お問い合わせについて

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせ

TEL 03-5488-7481(営業直通)

平日 9:30~17:30

ご相談・ご質問はこちらからお気軽にご連絡ください
ご相談・ご質問はこちらからお気軽にご連絡ください

製造・建築・土木など 産業分野におけるCG制作環境2020