点群データの活用支援

メッシュ(ポリゴン)化やリダクション、コンテンツ制作など、点群データ変換の活用におけるさまざまな課題を解決いたします。

点群データは、3Dレーザースキャナーなどで計測することにより得られる、物体表面の形状情報です。リバースエンジニアリングやBIMデータ化、品質管理やグラフィックコンテンツの制作などを目的とし、建設・土木業界やプラント業界、製造業を中心に普及しつつあります。
一方で、収集した点群データの処理については課題も多く、活用が進んでいるとは言えません。
ビューワーやBIMソフトに取り込んで確認またはガイドとして使用する以外の用途では、サーフェス、メッシュ化が必要となります。多くの自動生成ソフトがあるものの、ノイズや貫通などの不良が生じるケースがほとんどで、ビジュアル的にも妥協を強いられがちです。サイバー空間内に物理的な現実世界を再現させるデジタルツインが注目される中、膨大な点群データをいかに適切に処理し、活用するかは、業種・業界・分野を問わず多くの企業が課題として抱えています。
点群データをフルに活用するには、質の高いポリゴン化が不可欠です。
当社は、CG制作で培ったレンダリング技術やモデリング技術、各種受託開発で培ったソフトウェア技術により、点群データそのものの表示はもちろん、LiDARなどで取得した大規模な点群データの活用によるメッシュ(ポリゴンサーフェス)などのジオメトリデータへの変換、3Dデータを活用したVRなどのリアルタイムコンテンツ制作まで、さまざまな手法でお客様のCGビジュアライゼーションに対するニーズにお応えします。

• 点群データのメッシュ(ポリゴン)化
• 大規模点群データとメッシュの重畳表示・編集を可能にするMayaプラグイン
• 専用ビューア開発
• 各種機能開発
• シミュレータやVRなどのリアルタイム3DCGコンテンツやゲーム、映像制作

上記以外でも様々なご要望に対応いたします。

NEXT

点群データの活用支援の
お問い合わせについて

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせ

TEL 03-5488-7481(営業直通)

平日 9:30~17:30

資料をダウンロードする

モノづくりのコスト削減とスピードアップを実現
CGを最⼤限活⽤する⽅法