YEBIS とは

YEBIS は、レンダリング済みの画像に対するポストプロセスにより、数々のハイクォリティな次世代レンズエフェクトを提供する マルチプラットフォームミドルウェアです。

New FeaturesYEBIS for Maya

世界最高レベルのリアルタイム・ポストエフェクトがMayaのviewport2.0で使用可能に! フレーム書き出しにも対応

詳しく見る

YEBIS の主要機能

収差と絞り羽根シミュレーション
ボケ味シミュレーション(絞り羽根開閉シミュレーション、レンズ収差/ 補正シミュレーション)、高品質SSAO、入出力色空間変換が主な新機能として搭載されました。
  • アポクロマートレンズ

    ・アポクロマートレンズ

  • 絞り羽根構成(6枚絞り)

    ・絞り羽根構成(6枚絞り)

グレア
HDR表現の代表格とも言えるグレア表現を多数取り揃えています。また、それぞれに対して自在なカスタマイズが可能です。
  • グレア
被写界深度表現
実際のレンズで撮影したような、光学的に説得力の高いぼかし表現を実現します。
  • 被写界深度表現 FRONT

    ・FRONT

  • 被写界深度表現 BACK

    ・BACK

モーション・ブラー
シーンやキャラクターの動きを増強したり、効果的に見せることが出来ます。
  • モーション・ブラー ON

    ・ON

  • モーション・ブラー OFF

    ・OFF

光学エフェクト
リアル志向からドラマティックな演出趣向にまで対応しうる多彩な光学エフェクトを取り揃えています。
  • レンズディストーション

    ・レンズディストーション

HDR
YEBIS のポストエフェクトは全てHDRレンダリングパイプラインに対応しています。
ポストプロセス型アンチエイリアス
一般的なMSAA手法では軽減しきれないジャギーを押さえることができる低負荷な新アンチエイリアステクニックを提供します。
ポストプロセス型アンチエイリアス

・OFF(左)ON(右)

特殊エフェクト
フォトリアル表現を得意とする YEBIS ですが、「光筋」、「コロナ」、「陽炎」など、アート志向の非リアルなポストエフェクトも実現可能です。
  • 特殊エフェクト

    ・光筋表現

色調調整
モノトーン、セピア調、彩度強調など、レンダリング結果に対しリアルタイムに色調を変更することができます。
  • 色調調整

YEBIS の機能一覧

グレア表現
  • ブルーム(柔らかな円形のグレア)
  • スター
  • 放射状の光芒やクロスフィルタ
  • CCD スミア
  • アナモルフィックレンズフレア
  • ゴースト(よく知られたレンズフレア表現)
  • 残像効果
  • ソフトフォーカス
  • ライトシャフト(ゴッドレイ)
レンズエフェクト(光学シミュレーション)
  • 被写界深度(ピンボケ/デフォーカス表現)
  • 絞り表現(自然なボケ味のエッジ処理)
  • オートフォーカス
  • フォーカスブリージング(インナーフォーカス/リアフォーカス/全群繰り出し等)
  • エアリーディスク(小絞りボケ)シミュレーション
  • レンズディストーション(歪曲収差)
  • たる型/糸巻き型
  • 魚眼レンズ効果
  • 色収差
  • ヴィネッティング(周辺光量低下)
  • コサイン4乗則など
  • 口径食
  • イメージサークル(スコープ表現)
フィルム/感光起電効果
  • トーンマッピング
  • 自動露出
  • 感光シミュレーション
  • ホワイトバランス
  • モーションブラー
  • カメラモーションブラー
  • オブジェクト(ベロシティマップベース)モーションブラー
その他
  • 様々な色調補正
  • ガンマ補正
  • 様々なレベルのHDR
  • アンチエイリアス
    Etc.

動作環境

プラットフォーム PlayStation®4, PlayStation®3、PlayStation®Vita, Xbox One, Xbox 360、Windows®、Android、iOS、Linux、OS X、Nintendo Switch™、その他組み込み機器
API OpenGL、OpenGL ES 2.0、DirectX 9/10/11、その他プラットフォーム固有の描画API
シェーダー言語 HLSL、GLSL、Cg
page top